フェリシモ レジカゴリュックの口コミレビュー

私が『フェリシモ(FELISSIMO)のレジカゴリュック』を買おうと思った理由は、スーパーでの買い物の煩わしさから解放されたかったからです。

リュックタイプのショッピングバッグは珍しく、自転車や徒歩でも気軽にたくさんの量の買い物ができます。

デザインもベーシックで、どんなコーディネートにも合わせやすいです。

『フェリシモ(FELISSIMO)のレジカゴリュック』の特徴は、レジカゴにピッタリフィットする形だということ。

予めリュックをセットしたレジカゴを出せば、そのまま店員さんがキレイに入れてくれるので、会計を済ませて口を絞りファスナーを締めれば、あっという間にスーパーを出ることができます。

リュックなので両手が空きますし、耐荷重も12キロなので丈夫です。

今ではカラーバリエーションも豊富で、より大きなジャンボサイズリュックや撥水加工バージョンも販売されています。

『フェリシモ(FELISSIMO)のレジカゴリュック』を使ってみた感想は、とにかく使いやすい。

表と背中にボタン付きのポケットが1つずつ、中にもファスナー付きポケット1つ、ファスナー無しのポケットが2つ付いているので貴重品も入れて、このリュック1つで買い物できます。

持ち手もついているので、トートバッグのように片方の肩にかけて持ち運びもできます。

また、車のヘッドレストの足部分にひっかければハンモックのように形が広がり、車内での荷物をひとまとめに出来ます。

『フェリシモ(FELISSIMO)のレジカゴリュック』を使うときの注意点は、生地が柔らかめなので口を絞り忘れると荷物が横から落下してしまう可能性が有ることです。

また、店員さんに細長い商品(例えば葱や牛乳など)を詰めてもらう場合は、口を絞る側と垂直の方向に入れてもらった方が、リュックとして背負う時に背中の面のおさまりがいいです。

『フェリシモ(FELISSIMO)のレジカゴリュック』を使った方がいい人は、スーパーで大量に買い物をする事がある人。

そして、会計後の商品をショッピングバッグに移す作業が煩わしい人、少しでも時短にしたい人です。

本当におすすめです。

発売当初はベーシックな色目しかなかったですが、今はパステルカラーもたくさん出てきているので選ぶ楽しみもあります。

ジャンボサイズはベーシックタイプの1.7倍の容量なので、買い出しのはしごも出来そうです。

タイトルとURLをコピーしました