えん サークルバッグの口コミレビュー

私がえん サークルバッグを買おうと思った理由は、仕事用のバッグを探していたからです。

アパレルの仕事をしていますので、洋服は毎日変えます。

なのでモードスタイルやカジュアル、シンプル、フェミニンと言ったいろんなコーディネートに合って、軽くて容量が入り、あまり汚れが目立たずに持ち手の短いお洒落なバッグを探していたところ、このえん サークルバッグに出会えました。

このえん サークルバッグの特に良い点は、もち手が短いところです。

この持ち手のタイプのバッグはトート型が多いので、こんな丸形のデザインは初めてみました。

正直、ひとめぼれでしたが、買ったあとの使い勝手もよく理想をすべてクリアしてくれました。

仕事帰りのときに、たまたま常連様とどこかのお店で会った時に、バッグを誉められたことがありました。

アパレルと言う仕事柄、洋服だけじゃなくて、トータルのバランスを見られるので、このバッグはどんな服にも合うので本当に助かってます。

えん サークルバッグを使ってみた感想は、軽くてしっかりとしていて、仕事のときに必要なものがすべて入ります。

入れているものは財布、仕事の資料A4サイズ、化粧ポーチ、筆記用具、お弁当、ペットボトルなどが主ですが、少し肌寒い時期にはストールくらい入っちゃうんです。

こんなに物が多いのですが、腰痛持ちのため軽さも本当に重視して選んでよかったと思ってます。

軽さ重視のため、ショルダーの紐ははずしています。

またグレーにしたので、汚れがほぼ気になりません。

えん サークルバッグを使うときの注意点は、車の助手席に置くときの位置です。

二ヶ所しか留めるボタンがないので、あまりに無造作に車の助手席に置いたりすると、ブレーキのタイミングでバッグの中の小物が下に落ちたりします。

なので、助手席に置く向きは、進行方向にバッグのボタン側は置かない方がいいです。

えん サークルバッグを使ったほうがいい人は、いつも荷物が多くて、軽くて丈夫なバッグがほしいと思ってる方です。

色もバラエティーに富んでるので、いろんな年代の方にあうと思います。

逆に使わない方がいい方は電車通勤の方は、防犯的にボタン二つよりもチャックで口が閉まる方がいいかもしれません。

このバッグを使ってるときに、年代を問わずいろんな方に誉められることが多いです。

と言うことはつまり、個性的でありつつ、万人に受け入れられるデザインなのだと思います。

また、大きさ的に車通勤用に買うのもおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました