会社に知られることなく債務整理を終わらせられます

2018年11月3日

未分類

会社に知られることなく債務整理を終わらせられます はコメントを受け付けていません。


家族に秘密でお金を借りていたのですが、とうとう支払いが滞り、債務整理する事になりました。

かなり大きい借金があり、もう返済出来なくなったのです。

相談に乗ってもらったのは偶然目に入った弁護士事務所でかなり安い値段で債務整理をやってくれました。

債務整理には再和解と呼ばれるものが存在します。
再和解いうのは、任意整理をした後に、もう一回交渉して和解をすることを言います。これは可能なパターンと出来ない場合があるため、可能か不可能かは弁護士に相談をしてもらってから考えましょう。

手持ちの現金がなくても買い物ができるクレジットカードは便利ですが、ショッピングに利用し過ぎて月々の支払いに苦しまされることになります。この時に検討して頂きたいのが債務整理で、債務の減額を認められたり、残った債務を分割して完済を目指せます。ですが、債務整理をした結果、カードが利用停止になりますし、場合によっては、カードで買ったものがクレジット会社に引き上げられることも考えられます。

たった一度の債務整理のせいで今後は借金をすることが不可能になるかといえばそれは違います。ブラックリストに事故情報が残っていなければもう一度融資してもらえることもあります。
だからと言って、ちょうど任意整理を行っているところに借金を繰り返そうとする事は何よりもいけません。

そもそも借りられない可能性が極めて高いですし、担当弁護士や司法書士にその情報をキャッチされれば、担当を降りると言われかねません。

強制執行で給料の一部を差し押さえられている場合、債務整理をして、対象に差押え元の債権者が含まれていると、差押えは手続きを始めた時点で解除になるのが普通です。
しかし残念ながら任意整理については手続き開始時点では差押えは解除しなくても良いため、給料は差し押さえられたままになります。
和解の早期成立のために弁護士などに交渉を急いでもらい、差し押さえ解除に持ち込まないと日々の生活にも困るようになります。

自己破産をする際、人生をやり直すためのわずかな必要経費以外は、すべて譲り渡すことになります。
自宅とか土地と言った資産の他に、ローン返済中の自動車も手放すことが必要です。
しかし、他人が支払いを行い続ける事に、債権者の了解を得ればローンを返済と並行して所持することも可能になります。債務整理を頼んだにもかかわらず、手続きが思うように進まず弁護士や司法書士への委任自体をやめたい場合は、解任という手続きを踏まなければいけません。
それを省いて債務整理を別のところへ頼んでしまうと、債務整理の開始通知を債権者に二重で送りつけることになるので、思いがけないトラブルに発展する可能性があります。

解任手続きは難しいことではありませんから、必ず解任し、あらためて新しい依頼をするようにしましょう。債務整理をしたら、結婚をする場合に影響があるのではないかと考えている人がいますが、債務整理をしないまま、多額の借金を抱えているほうが問題です。債務整理をした為に結婚に影響するデメリットとして挙げられるのは、マイホームを建てたい場合、債務整理後、7年間は住宅ローンを借りられない事です。

7年以上間をあければローンが組めるようになるのです。
カードローンの申し込みやクレジットカード作成時の審査で判断材料となるのが個人信用情報で、そのデータには以前債務整理をしたという記録も残っています。

これがある間はいわゆるブラック状態で月賦払いや借入などはできません。
自己破産の場合ですと、記録は裁判所で免責が決定してから、自己破産以外の債務整理を行った際は手続き後に残った債務を完済した時から5年程度は少なくとも消えることがありません。いざ申請や手続きに入った際には、可能な限り早く片をつけたいと債務整理を検討する人は皆さん考えると思います。

ですが、借入金の免除ないし減額といった処置が認められるまでは相応に時間がかかります。
選んだ債務整理の方法や、司法書士や弁護士などエキスパートに手続きしてもらうのか、自ら手続きを全て行うのかなどにもよってかかる時間には差があります。数日前、債務整理のうち自己破産という選択肢をとり、無事に処理が完了しました。毎日思っていた返すことができない、これ以上遅れたらどうなるのかという心配から自由になることができ、精神的にかなり楽になりました。これなら、もっとずっと前から債務を見直しておけばよかったです。
返済期日が過ぎて生じた遅延損害金やローンの金利は、依頼を受けた法律事務所などから「この債務の整理をこれから進めます」という意味の書類を債権者に発送すると、通知が相手に届いた時点から停止します。けれども返済をやめてから手続き開始に至るまでの期間に遅延利息がかなり増えている例も少なからずあります。任意整理をするのであれば、弁護士から債権者に働きかけ、こうした遅延利息(遅延賠償)のカットも求めていきます。

債務者と債権者の間で借金を整理すると連帯保証人を困らせてしまうという真実をわかっているでしょうか。自分が支払わなくても済むという事は連帯保証人が代わって返済するという事になってしまいます。

なので、その事をしっかり覚えておいて任意整理を行うべきだと感じますね。私は個人再生という助けを得たことで月々の家のローンの支払いがたいへん楽になりました。

以前までは毎月返済するのが難しかったのですが、個人再生によって債務が軽くなったのではるかに返済金額が少なくなり、伸び伸びと生活していけるようになりました。

遠慮せず弁護士に相談してみて本当に助かりました。債務整理の中でも任意整理や個人再生は「借金の減額」が目的であり、自己破産のような完全な免責とは違い、債務そのものは残るので、返済義務があります。
しかしここで返済を怠ると、和解破棄、再生計画取り消しということになり、延滞期間に相当する遅延利息を含め、債務全額を一括返済するよう迫られるでしょう。
和解や再生計画の内容はきちんと守れるような生活をしていかなければいけません。
金銭トラブル 相談